☎ 03-3738-6318

K-TRADE 蒲田かづさや

スマホの質預かりのことなら、かづさや質店へお任せください。
タブレット、マックブックなどの家電製品をお預かりし、高額査定で現金を融資いたします。
その他の品目も取り扱っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

【質屋】iPhoneが高額査定される基準とは?東京にあるかづさや質店へ

iPhoneの新品・未使用品・中古品の基準と東京の質屋での新品のチェック方法

iPhoneを質屋に質入れしたり、買取を依頼したりする際の査定額は、iPhoneの状態によって異なります。

ここでは、iPhoneにおける新品・未使用品・中古品の基準と、査定時の新品のチェック方法について、高額査定を行う東京のかづさや質店が解説します。

iPhoneにおける新品・未使用品・中古品の基準

箱に入ったスマートフォン

東京だけに留まらず全国でも、質屋にiPhoneの質入れや買取依頼をする人が増えていますが、iPhoneの状態によって査定額がどのように変わるのか、気になる方も多いかと思います。

高額査定を狙うなら、まずはiPhoneにおける、新品・未使用品・中古品の基準を把握しておきましょう。

新品

質入れや買取依頼をする際に、最も高額査定をされるiPhoneが、一度も人の手に渡ったことのない状態の新品です。

iPhoneの場合は、新品が市場に流通することがないため、メーカーから出荷されたものと同程度か、一度も人のものになっていない状態のiPhoneを指しています。

iPhoneが新品かどうかは、「外装の包装が開封されていない」「外箱に汚れやキズなどがない」「製品がAppleに未登録で保証がスタートしていない」などを基準に判断します。

店頭で購入したiPhoneは、開封して初期設定を行うため新品にはならず、オンラインで購入したものが新品に当てはまります。

未使用品

未使用品とは新品の基準は満たしていませんが、一度も使用されていない状態のことです。新品と同程度の状態ですが、新品よりもかなり低い価格で販売されているので、お得に購入できることが魅力です。質入れや買取では、新品の次に査定額が高くなります。

iPhoneが未使用品かどうかは、「本体と外箱に記載されたシリアル番号が同じ」「未使用の付属品がすべて揃っている」「本体にキズが1つもない」「初期フィルムの状態がメーカー出荷時のまま」などを基準に判断します。

中古品

一度でも使用したiPhoneは、すべて中古品となります。中古品と一口にいっても、新品同様のものや、落としてキズがあるものなど様々なので、商品の状態によって査定額が異なります。

また、未使用品であっても、外箱や付属品がすべて揃っていない場合は、中古品として扱われるので注意が必要です。

また、正常に使用できないiPhoneは、中古品ではなくジャンク品となるため、査定時に大幅に減額されるか、質入れや買取を断られる場合があります。

高額査定されやすい新品のチェック方法

スマホと虫眼鏡

質入れや買取で高額査定を狙うなら、新品のチェック方法も確認しておきましょう。

開封のチェック

  • iPhone13以降

iPhone13以降は、環境に配慮してプラスチック包装を廃止しているので、開封時のシールが紙製に変更されています。

外箱を開封するためには、紙製のシールを破らなくてはならないため、iPhoneが新品かどうかは、シールの破れの有無をチェックします。

  • iPhone12以前

接着剤がついたフィルムで外箱が包装されていたiPhone12以前は、フィルムを剥がした形跡があるかどうかを確認します。

粘着剤のついたフィルムは、剥がしたあとも貼り直しすることが可能ですが、一目見ただけで貼り直したかどうかはわかります。

保証のチェック

iPhoneが新品かどうかを確認するには、保証のチェックも行います。

保証が始まっているかどうかは、Appleの公式サイトにある「保証状況とサービス期間を確認する」で、シリアル番号を入力することでわかります。

すでに保証が始まっている場合は、査定では新品としては扱われません。

  • モデル番号のチェック

Appleや携帯会社のオンラインショップで購入した場合は、正規品を新品で購入することができますが、他のルートで購入した場合には、新品であっても整備済製品の可能性があります。

整備済製品とはAppleが返品されたiPhoneに、基準に従ってクリーニングや部品交換を行い、品質検査をパスしたものを再梱包して、再販売しているものです。整備済製品は新品同様ですが、厳密には新品にはならないため、新品よりも安く販売されています。

新品と整備済製品は見た目で判断することはできませんが、モデル番号を確認することでわかり、モデル番号の頭文字は「M」が新品、「F」が整備済製品となっています。

他にも、シリアル番号でも新品か整備済製品かを判断することもできますので、お手持ちのiPhoneが新品かどうかわからない場合は、自分で判断せずに、開封前に質屋に相談することをおすすめします。

iPhoneの質入れや買取を依頼するなら東京のかづさや質店がおすすめ!

東京でiPhoneの質入れや買取依頼をご検討中なら、かづさや質店へ。

かづさや質店はiPhoneやiPad、MacBookなどのApple製品の質入れと買取に力を入れているので、Apple製品の高額査定を希望する方にぴったりです。

お仕事帰りにも立ち寄りやすい、蒲田駅より徒歩6分のアクセスのよい場所に店舗がございますので、ぜひお気軽にご利用ください。

質屋でiPhone・MacBookや楽器などを質入れする際の豆知識

質屋でiPhoneの質入れを考えてる方はかづさや質店まで

社名 株式会社K-TRADE
屋号 かづさや
住所 〒144-0051 東京都大田区西蒲田7丁目53−5
☞ Google mapを別ウィンドウで表示
電話番号 03-3738-6318
FAX番号 03-3738-6318
Eメールアドレス kazusaya@k-trade78.com
営業時間 10am - 8pm
日曜・祝日 10am - 7pm
定休日 毎月7日・16日・17日・27日
質屋許可証
東京都公安委員会
第30221206001号
古物商許可証
東京都公安委員会
第302211206664号
ウェブサイト https://www.k-trade78.com/
QRコード 蒲田かづさやホームページ