☎ 03-3738-6318

K-TRADE 蒲田かづさや

スマホの質預かりのことなら、かづさや質店へお任せください。
タブレット、マックブックなどの家電製品をお預かりし、高額査定で現金を融資いたします。
その他の品目も取り扱っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

質屋でMacBookを高額査定してもらうためのポイント!東京のかづさや質店へ

【質屋】MacBookの高額査定のポイントと液晶ディスプレイを傷つけないコツ

質屋にMacBookの質入れや買取を依頼する場合、どうすれば高額査定してもらえるのか気になりませんか?

ここでは、東京の質屋で高額査定にするためのポイントと、液晶ディスプレイを傷つけないために、気を付けたいことについてご紹介します。

高額査定にするためのポイント

POINTの積み木

大切なMacBookの質入れや買取を依頼するなら、少しでも高く値をつけて欲しいものです。

MacBookを高額査定するためには、3つのポイントがあります。

付属品がすべて揃っている

MacBookに限らず、iPhoneやiPadなどのApple製品は、付属品が高額です。

そのため、付属品がすべて揃っていないと、査定では減額されてしまうので、付属品の有無を確認しましょう。

また、ご存じない方も多いのですが、MacBookはモデルによって、アダプターのワット数が異なります。

そのため、査定を依頼したいMacBookのアダプターが見つからないからといって、他のモデルのアダプターを用意しても、査定の際にチェックされるので、他のモデルと混同しないように気をつけましょう。

本体にキズや変形がない

査定額は新品の状態に近ければ近いほど、高くなっていきます。

本体表面や裏面、端の部分に目につくキズがあると、査定では減額されてしまいます。

また、MacBookには、使用しているとキーボードにテカりが生じる特徴があるので、キーボートの使用感も確認します。

他にも、キズか汚れか判断できないと、正しく査定を行うことができないため、質屋に査定を依頼する前に、必ず掃除をしておくことをおすすめします。

液晶ディスプレイにキズがない

MacBookの液晶ディスプレイには、コーティングが施されています。

液晶ディスプレイにキーボードが当たったり、液晶専用ではないクリーナーで掃除をしたりすると、コーティングが剥がれてしまいます。

コーティングが剥がれた液晶ディスプレイは、修理ではなく交換する必要があるため、査定では大きく減額されます。

液晶ディスプレイを傷つけないために気を付けたいこと

ノートパソコン

MacBookの液晶ディスプレイには、反射を防ぐことを目的に、コーティングが施されています。

コーティングの剥がれは査定額の減額につながりますが、なぜコーティングは剥がれるのでしょうか?

液晶ディスプレイのコーティングが剥がれる原因を知ることで、対処方法がわかります。

液晶ディスプレイのコーティングが剥がれる原因

  • 衝撃

仕事や勉強でMacBookを使用する際に、ついついペンが当たったりすることがあるかと思います。

また、爪が当たってひっかいてしまっても、コーティングが剥がれてしまいます。初めは小さな剥がれでも、どんどん拡大していくので注意が必要です。

  • ウェットティッシュや除菌シート

感染症対策として、ウェットティッシュや除菌シートを使用する人が増えましたが、ウェットティッシュや除菌シートに含まれるアルコールも、コーティングが剥がれる原因となります。

  • めがね拭きやクリーニングクロス

めがね拭きやクリーニングクロスは、液晶ディスプレイを掃除する際に使用するアイテムですが、研磨剤や化学物質が含まれるめがね拭きやクリーニングクロスを使用すると、コーティングが剥がれる原因となります。

  • キーボードとの摩擦

本体の薄さと軽さを追求したMacBookは、画面を閉じた際に、どうしても液晶ディスプレイとキーボードが当たってしまいます。

さらに、持ち運ぶことで圧迫や振動が加わることで、キーボードがコーティングを剥がすと考えられます。

液晶ディスプレイを傷つけないために気を付けたい3つのこと

MacBookの高額査定を狙うなら、液晶ディスプレイを傷つけないために、3つのことに気を付けましょう。

  • キーボードカバーをつける

キーボードを守るための、キーボードカバーをつけることで、液晶ディスプレイとの摩擦を防ぐことができます。

ただし、キーボードカバーをつけると、本体の熱が放出されずにこもってしまう場合があるので、時々剝がすことをおすすめします。

  • 液晶保護シートをつける

iPhoneなどのスマホに使用する液晶保護シートも、液晶ディスプレイのキズを防ぐことができます。

MacBookの画面サイズに合わせた液晶保護シートが販売されているので、キズがつく前にぜひ貼りつけておきましょう。

  • 移動する際にはコピー用紙などを挟む

移動する際の摩擦を防ぐためには、液晶ディスプレイとキーボードの間に、紙を挟むことが有効です。

MacBookを購入した際に挟んである半透明の紙や、印字されていない真っ白なコピー用紙を挟んで、摩擦を防ぎましょう。

液晶ディスプレイに、コーティング剥がれによるキズがあるからといって、質屋に査定を断られることはありません。

キズの程度によって査定額は異なるので、ぜひ質屋に相談してみることをおすすめします。

東京でMacBookの査定を依頼するならかづさや質店へ

MacBookの質入れや買取依頼をお考えなら、Apple製品に強いかづさや質店に査定をご依頼ください!

かづさや質店では、Apple製品の質預かりに力を入れているので、iPhoneやiPad、MacBookの高額査定が期待できます。

お客様からお預かりした端末のデータを見ることは一切なく、買取の場合はメーカー指定の方法で初期化しますので、安心して質入れや買取をお任せいただけます。

質屋でiPhone・MacBookや楽器などを質入れする際の豆知識

質屋でMacBookの質入れをするならかづさや質店まで

社名 株式会社K-TRADE
屋号 かづさや
住所 〒144-0051 東京都大田区西蒲田7丁目53−5
☞ Google mapを別ウィンドウで表示
電話番号 03-3738-6318
FAX番号 03-3738-6318
Eメールアドレス kazusaya@k-trade78.com
営業時間 10am - 8pm
日曜・祝日 10am - 7pm
定休日 毎月7日・16日・17日・27日
質屋許可証
東京都公安委員会
第30221206001号
古物商許可証
東京都公安委員会
第302211206664号
ウェブサイト https://www.k-trade78.com/
QRコード 蒲田かづさやホームページ